癌は放射線治療で撃退|体の負担も軽減される

先生

早期発見が命を救う

病室

胆管がんは完治が難しい病気ですが、早期に発見できればそれだけ生存率は高くなります。黄疸、白色便、黄疸尿、腹痛といった症状が出たらすぐに病院へ行きましょう。そこで病状に合わせた方針を担当医と相談して決め、目的に向かって治療を行っていくことになります。

自宅で治療を受けて暮らす

医療ベッド

人口が比較的多い世田谷区では、在宅医療をサポートしてくれる医療機関も多いです。在宅医療は落ち着ける自宅での療養が可能なので、病院治療に比べてリラックスしながら療養に励むことが可能です。

入院前に知りたい基礎知識

お腹を押さえる女性

平野区で入院する際は、病院の規則を守ることが大切です。テレビ、ラジオはイヤホンを使う、外出時は必ず許可を得る、など病院側や他の患者の迷惑となる行為は避けます。退屈しないためには、ネット環境がある病院を選んだり、自分で構築したりしてサイト閲覧や仕事をする、また積極的に散歩する、など工夫しましょう。

より良い生活のために

車椅子の人

外来通院できる

癌に対する治療方法は様々です。化学療法治療・手術・放射線治療です。それぞれにメリットや特徴があります。放射線治療はその名のとおり、皮膚の表面から内臓部にある癌に対し放射線をあてて癌の大きさを小さくしたり、進行を止めたりする治療方法です。癌は異常な細胞分裂によって引き起り、放射線治療はその細胞分裂を抑える役目があります。特徴としては、放射線治療は外来通院できる、また短時間で終えることが出来る治療方法です。癌の種類にもよりますが、20〜30回放射し1クールとして数え、平日5日間通い治療を受けます。制限も少なく、入院をする必要もなく(初回は入院することもあります)、患者にとって元々の生活を送りながら治療を受けることが出来ます。

副作用

放射線治療は外来通院できるメリットがあり、元々の生活そのままで過ごすことが出来ますが、無理は禁物です。治療により副作用も出現します。倦怠感や食欲の低下、放射線部位の皮膚症状などが挙げられます。これらは、十分な休息をとる、食べたいときに少量ずつ消化の良い食事をとる、シャワーを浴び清潔を保つことで副作用は軽減できます。また、下痢や便秘をきたすこともありますが、整腸剤や下剤を服用し水分をとるなどして改善できます。特に女性は体に傷をつけることに躊躇を感じることがありますが、放射線治療は体に傷を残すことなく(放射中はマーキングが必要になるので、身体に線が入りますが治療後は消すことができます)、また日常を送ることが出来るので最適です。